FamiPayとは?

コラム | ミニコラム

ライソンの秒速トースター特集 口コミでも人気の理由紹介

投稿日 | 2021年4月5日

ライソンの秒速トースター特集 口コミでも人気の理由紹介

せんべろメーカーのようなユニークなアイテムから、本格コーヒーを楽しめるホームロースターまでさまざまな調理家電を開発するライソン。

おすすめの調理家電は豊富にありますが、中でも秒速トースターは特に人気の商品です。 ライソンの秒速トースターは、わずか58秒でトーストが焼けるポップアップトースター。

素早くおいしいトーストが焼きあがるため、通販サイトの口コミでも高い評価を得ています。

秒速トースターのおすすめポイント

ライソンから販売されている秒速トースターには、おすすめポイントがたくさん。 ここではその魅力を細かく解説します。

サクサクふわふわの食感は口コミでも高評価

秒速トースターのおすすめポイント

ライソンの秒速トースターの魅力は、外はサクサク、中はふわふわのトーストが焼けること。 秒速トースターは、魚焼きグリルと同等の高火力が特徴で、食パン中の水分をほとんど蒸発させません。 食パンの表面のみがこんがりと焼けて、中身はもっちりふわふわに仕上がるため、食パンを最高の状態にトーストしてくれます。 その焼きあがりのおいしさは、口コミでも定評を得ています。

たった58秒でトーストが焼ける

たった58秒でトーストが焼ける

ライソンの秒速トースターは、一般的なポップアップトースターと比べても格段に早くトーストを焼けるのが魅力。 さらに、マイコンを搭載しているため、2枚目以降の食パンはより早く焼きあげることが可能です。 こんがりほどよい焼き目がつく4段階目を目安にすると、1枚目は58秒、2枚目は43秒、3枚目は38秒で完成。 一度に1枚ずつ焼いても気にならないくらいスムーズです。

焼き目調節も可能

焼き目調節も可能

トースターにおいて、焼き加減は一番重要なポイントといってもいいでしょう。 ライソンの秒速トースターは、早いだけではなく、6段階の焼き目調節が可能で、焼き色を見ながら好みの焼き加減に調整が可能。 両面むらなく焼けて、どこをかじってもおいしいトーストが味わえます。 やわらかい食感のトーストが好みの人は1段階~2段階、カリッと香ばしいトーストを楽しみたい人には5段階~6段階がおすすめです。

6枚切りから4枚切りまで幅広く対応

6枚切りから4枚切りまで幅広く対応

ポップアップトースターの中には、焼けるトーストの厚みが限定されているものも。 ライソンの秒速トースターであれば、6枚切りから4枚切りまで好みの厚さのトーストを焼くことができます。 定番の6枚切り、5枚切り食パンはトーストにするとバランスのよい食感に。 4枚切りのぶ厚い食パンは、サクサク部分に加えて中身のふわふわをより贅沢に味わうことができます。

冷凍モードや焼き直し機能も充実

冷凍モードや焼き直し機能も充実

冷凍した食パンは、通常であればレンジで一度解凍する必要がありますが、ライソンの秒速トースターであればその手間が不要。 食パンを凍らせたまま焼ける冷凍モードがあるため、手軽にトーストを焼くことが可能です。 さらにライソンの秒速トースターには、冷えたトーストの温めなおしや、焼き色の追加ができるリヒートモードも搭載。 どんな状況でもおいしいトーストが食べられる機能がたくさん詰まっています。

パンくずトレイやホコリよけ付き

パンくずトレイやホコリよけ付き

ライソンの秒速トースターは、うれしいホコリよけのふた付き。 キッチン掃除をする際や使わないときにふたを乗せておけば、次にトーストを焼くときにも安心して使用できます。 また、秒速トースター付属のパンくずトレイは取り外しが可能。 扱いにくい複雑な形状でなく、パンくずをゴミ箱に捨てた後はさっと拭くだけと、毎日の掃除も簡単に行えます。

スリムな形状で省スペースに

スリムな形状で省スペースに

奥行11.8cmの細身な秒速トースターは、省スペースに設置・収納することが可能。 食パンを焼いているときに本体が熱くなりすぎることもなく、レンジとオーブンのちょっとした隙間や、キッチン棚に置いても問題ありません。 おしゃれなデザインかつ場所を取らないサイズ感のため、ダイニングテーブルや作業台に置いたままで、見せる収納にするのもおすすめです。

Presented by IECOLLE

LITHON ホームロースター
秒速トースター 焼き目調節機能付き パン トースター ポップアップトースター KLTS-001B ライソン パンくずトレイ コンパクト1

ご購入はこちら


コラム一覧へ

コラム一覧へ